美容液

乾燥肌は美容液で対策

美容液

先ほど、乾燥肌用の化粧水の条件をご紹介しましたが、より保湿力を高めるのであれば、乾燥肌用の美容液も併せて使いたいですね。化粧水にも保湿成分や美容成分はたくさん含まれていますが、化粧水は水溶性の成分しか含むことができません。美容液はジェル状であったり、乳液状、クリーム状等テクスチャが様々なので化粧水には含むことのできない美容成分を含むことができます。特に保湿効果の高い美容液を選ぶ場合には肌の保湿能力を大きく左右する細胞間脂質がそのまま含まれているものや、細胞間脂質の生成を助ける成分の入っているものを選びましょう。

細胞間脂質の代表例としてセラミドがあります。セラミドは細胞間脂質の4割を占めており、水に溶けないので肌の中に水分を保つという役割を持っています。美容液を選ぶ際にはセラミドが入っているものを選ぶと保湿力は保証されるでしょう。しかし、一口にセラミドと言ってもなんでもいいわけではなく、人の肌に含まれているセラミドに似せて作られた擬似セラミドや植物性セラミドを含むものには保湿力があまり高くないので、保湿用美容液としては不向きです。また、セラミドは高価な成分のため、安い美容液には極わずかしか含まれていない可能性もあります。含有量をきちんと確認し、記載されていなければメーカーに問い合わせて確認してみると良いでしょう。ちなみにセラミドは水溶性ではないため、乳液やクリーム状等のテクスチャが多いです。水のようなものは含有量がかなり少ないか、界面活性剤が使われている可能性があるので注意が必要です。